ヒアルロン酸注射の持続する期間はどれくらい?

ヒアルロン酸にはどんな効果があるのか

ヒアルロン酸は、ムコ多糖と呼ばれるグリコサミノグリカンの一種で、水分を保持する保水力並びに弾力等を持ちます。主に目や肌、関節などに多く存在し、真皮にある線維芽細胞で作られています。コラーゲンやエラスチンなども生成されているため、アンチエイジングにおいて要となる細胞となります。間接軟骨などにも含まれており、こちらは関節の動きを良くする作用や、衝撃を和らげるクッションとしての役割も持ちます。

ヒアルロン酸は保湿液や食材などにも含まれていますが、医療行為においても広く使われています。主として、しわやたるみ改善並びに、変形性関節症といった、整形外科の治療法として注射が使われます。その他、角結膜上皮障害の治療薬に加え、白内障など、眼科の外科手術の保持剤としても用いられています。

ヒアルロン酸注射とその持続期間

ヒアルロン酸による注射を行うことで、肌に良いコラーゲンなどの成分が生成されやすくなる効果をもたらします。その結果として、肌のハリとツヤが戻ることとなり、しわやたるみなどが目立たなくなります。部位ごとに使われるヒアルロン酸の種類が異なり、鼻などの硬い部分には硬いものが、唇などの部分には柔らかいものが使われます。注射を行った後は、約4ヶ月から6ヶ月程度の持続性があるものの、部位によってその持続期間が変化します。

鼻やほうれい線といった、体の硬い部位に注射を行う場合は、硬いヒアルロン酸を使います。形を維持することが目的であり、その持続期間は概ね6ヶ月となっています。涙袋や唇といった柔らかい部位の場合、持続時間は概ね4ヶ月程度となります。これは、柔らかいヒアルロン酸を使うためで、体内に吸収されることが大きな目的となるからです。

© Copyright Skin Upgrade Method. All Rights Reserved.